当ページではアフィリエイト広告を利用しています

WAGOFLEX 最恐の固着ジャンク そして最恐の整備性の悪さに驚く

この記事は約6分で読めます。

ジャンカメハンターのぐりやんです。
本日の獲物はワゴーフレックスです。ケースと元箱付きで外観は美品といっていいレベル。
買った時の写真を撮るのは忘れましたw

WAGOFLEX(ズイコー付き)

ワゴーと言われても聞きなれない名前ですが実はワルツ商会が製造したカメラだそうです。ジャンルで言えば普及型の2眼レフカメラなのですが、レンズはオリンパスのテッサー型であるズイコーを搭載しているしシャッターはコパル を搭載しておりツボを押さえているカメラだと言えるでしょう。当時(1953年)の某誌によると普及型のカメラで唯一、シャッター耐久試験が合格点であったと評されている。
発売当初は日東光学製の3枚玉コミナーを搭載していたらしいですが、途中で4枚玉のズイコー付きが追加されたそうです。前板焦点繰り出し式(全群繰り出し)ですから画質も期待できますね。

状態

めっちゃキレイです。しかしシャッターは動きません。
そしていちばんの問題はピントが固着していること。ピントの部がびくともしません。
この症状はワゴーフレックスの持病らしい。しかもとても頑固らしく、修理を諦める人も多いようです。
さて修復することが出来るのでしょうか?

ピント機構の固着をなんとかする

まずはピントが固着している原因を探ります。ググると左右の繰り出しカムを繋ぐ軸が固着するようで、どうやらミラー下に軸が見えるらしいですからファインダーを分解しミラーを外してみます。

すると軸が見えました。劣化し変質したグリスであろう白いものが見えています。これは貼り革を剥がして両サイドから攻める必要がありそうです。

第一関門:両サイドの貼り革をなんとかする

これが剥がれません。貼り革ではなくライカのグッダペルカのような樹脂を流し込んだようなもののようです。

キレイに剥がすのは諦めて削り取ろうとしましたが、これが硬くてなかなかうまくいきません。で、ボロボロになってしまいました。

側面の蓋を取り外すと曲がってしまいました。

そして両サイドの内部から攻めようとしましたが、固着が酷すぎて全く歯が立たず、少しも回すことができません。うーむ。前から攻めてみます。

第二関門:前面の貼り革をなんとかする

この貼り革がサイドとは違い紙の上に樹脂の貼り革を張ったようなタイプ。

ボロボロと破壊しながら剥がしたけれど、紙だけが残ってしまうという具合ですわ。

机の上はパーツと粉々になった貼り革で大変な事に。そして前からも歯が立ちませんでした。

第三関門:ミラー裏から変質したグリスをなんとかする

ミラー裏からなんとかするほか無いようです。色々な有機溶剤を試してみますが、変質したグリスが溶けることはありませんでした。

しょうが無いので、この窪みに灯油をブッ込んで数日放置してみることに

そして1日目。全く変化は無い様子。少しだけ変質グリスが解けたかな?って程度

さらに1日放置。しかし目立った変化はなく、我慢できなくなり破壊覚悟でプライヤーで軸端を掴み力尽くで回す。もちろん始めは傷を付けないようにソフトタッチプライヤーで挑戦してたんですが

お買い物リンク
拙者愛用コレにはかなり助けて貰った、傷を付けないプライヤー。くわえ部樹脂は交換可能

どうしても滑ってダメだったので意を決してバイスプライヤーで軸端をガッチリ掴んでオリャッと回す。

いわゆる最終手段!ですな。軸が折れたら終了ですが…
(通常バイスプライヤーをカメラに使ってはいけません。真似して折れても拙者は責任とれませんよ)と?

キター♪───O(≧∇≦)O────♪

やっと外れました。軸端ノブがハマる部分に少しキズがついたけれどこれなら問題なさそう。

これでやっと両サイドにある繰り出し機構も分解整備することができました。完全にグリスが変質して固着していました。

CLA(Clean,Llubricant,Adjust)

貼り革の破片は大変なことになっています。

フォーカスの部のストッパーが変形していました。折らないように気をつけて修正します。

巻き上げノブの逆回転防止バネが折れグルグル回りますので修正しておきました。

レンズ内には何らかの物質が結晶化していますねぇ。

とにかくバラしてクリーニングします。

そこそこキレイになりましたが残念なことにクモリは残りました。

前板カバーに残った紙は鍋で煮込み剥がしました。

シャッターはコパルの無印でプロンター型ですね。要所に微注油しておきます。

フォーカススクリーンもクリーニングしておきました。

そこそこキレイな革ケースが付いていましたが縫い糸が劣化してプツプツと切れましたので縫い直しておきました。

最終チェックとコンディション

残念ながらレンズのクモリが残りましたが、そこそこキレイになりました。固着していたフォーカス機構はスムーズになりシャッターやその他の可動部分も全て快調に動きファインダーもキレイです。
唯一残る問題は外観ですね。サイドの貼り革がボロボロのままです。剥がすのは非常に大変なので一旦諦めましたw。前の貼り革は粉々になって全てなくなってしまいましたが、3DプリンターとTPU樹脂で作った貼り革もどきを貼り付けました。なので限りなくジャンクに近い「難あり品」でしょうね。

あとがき

このカメラのピント固着の持病、ナメてました。フォーカス軸が完全に固着したものを購入するのは全くお勧めできません。ほんとに固く固着しており、どんな洗剤や溶剤でも溶けません。(強アルカリと強酸はは試していません)拙者は灯油を流し込みましたが灯油でもほとんど溶けません。アルコール、アセトン、シンナー、洗剤など何を使っても溶けませんでした。
そしてこのカメラは整備性が最悪です。前板を外すだけでも一苦労します。設計がク◯過ぎます。とにかく酷い設計で分解組み立てするのが非常に大変なのです。
このカメラの整備はかなり高難度ですからチャレンジする方は覚悟して臨んでください。

ぐりやん
ぐりやん

最後まで読んでいただき感謝です。
中級機だけれど、シャッターとレンズは上級機並みの魅力的なワゴーフレックスです。安くてキレイな個体を手に入れて喜んでいたのですがキレイにばらすことは叶わずボロボロになってしまいました。全ての貼り革を剥がして再作成して貼り付ければ良いのですが心折れました。
いつか気が向いたら貼り革を削り落として張り替えるかも知れません。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
広島ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました