当ページではアフィリエイト広告を利用しています

UV TOPCOR 135mm F4 超ジャンクレンズを入手した もちろん問題だらけ どう料理したろかwww

この記事は約4分で読めます。

ジャンカメハンターのぐりやんです。
本日の獲物は東京光学トプコンの望遠レンズ「UVトプコール135mmF4」の1型です。

もちろん先日入手したTOPCON UNIREXにハマるレンズですね。135mmF4としては大柄でフィルター径は58mmとなっています。前玉がデカくてカッコいいですね。

UV TOPCOR 1:4 f=135mm TOKYO KOGAKU JAPAN

このレンズについての情報は少ないですが、発売されたのは1965年ごろのようです。

構成は5群5枚と言いたいところですが一番後ろはおそらくレンズではなく内蔵UVフィルターだと思われます。UVトプコールシリーズのレンズはレンズエレメント貼り合わせ用の接着剤、バルサムにUV吸収剤を混ぜて有害紫外線を遮断したのが特徴らしいですが、このレンズのように貼り合わせ面がないレンズの場合はUVフィルターを追加したらしいのです。ですから実際のレンズ構成は4群4枚と言えそうです。てことで典型的なエルノスター型のレンズですね。
エルノスターは1929年にゾナーやビオゴンを考案したドイツのレンズ設計者「ルートヴィッヒ・ベルテレ」が設計したレンズでエルネマンの星という意味らしいですよ。
エルネマンというのはZEISS IKONの前身となるカメラメーカの一つでドイツのドレスデンにあったカメラメーカーです。屋上にドームを持つ塔のある社屋はZEISS IKONの社屋として使われ、東西ドイツ分離後は東ドイツのZEISS IKONの社屋そしてPENTACONの社屋として使われました。
そしてこの塔、エルネマンタワーがPENTACONのトレードマークになったのです。

エルネマンタワー現在はドレスデン市の技術博物館になっているそうだ
self, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
PENTACON six TL に輝くエルネマンタワーのマーク

閑話休題
で、このレンズの話に戻ります。
その他このレンズの特徴は最短撮影距離が1.7Mととても長い。全く寄れませんw
あと絞り羽根は5枚で5角形で、UVマウントレンズですから絞りリングがありません。

状態

レンズエレメントはクモっているし、ヘリコイドはスカスカで、絞りの動きも悪いです。

前玉もですが中玉はカビ特盛カビとクモリがww

そしてヘリコイドストッパーネジの頭には二つともギタギタにキズが入っています。

期待できんなぁ↓

分解整備

注意

注:鏡筒部分はピント位置を合わせて固定してあります。無闇に分解するとピントが狂う恐れがあります。またヘリコイドを分解すると繊細な組み立て技術、ピントの調整には高度な技術が必要です。同じように修理しても治らないかも知れません。挑戦するならばネットや本などで十分勉強してからにしましょう。
挑戦は良いことですが、自己責任でお願いいたします。
当方は責任を取りませんので、悪しからずm(_ _)m

まずはヘリコイドストッパーネジを外してみました。

かなり固くはあったけれど外れましたよ。なぜこんなにギタギタになるのか?
少なくともまともな工具を使ってもらいたいものですねぇ。

サクサクとバラしてみると2枚目がクモッてました。

3枚目の玉ごついです。レンズ分解にはUNレンズサッカーが便利です。

お買い物リンク
レンズを吸盤で吸いつけて取り外し取り付けをする道具です 非常に使いやすいです。

ひどいカビとクモリがあったのは5枚目のUVフィルターでした。

ヘリコイドを抜くと砂がたっぷりとこびりついていた(汗)これがヘリコイドに噛みこんでいなくて良かった。

ヘリコイド洗浄は超音波洗浄機にお湯と微量の台所洗剤を入れて。劣化したヘリコイドグリスがぐんぐん溶け出し見る見るうちに水が濁ります。

お買い物リンク
拙者が愛用しているSW1500の後継機 洗浄槽が大きめで振動子が二つ搭載されている レンズやカメラの部品洗浄には最適なサイズでオススメです

絞りも分解してベンジン洗浄です。

ヘリコイドネジに問題発見

ヘリコイドネジをきれいに洗浄すると加工不良が露わになりました。

これでまともに使えていたのはなぜだろう。
正常に使えていたのならそのままでも問題なさそうではあるが…。

気になるので、両刃ヤスリでキレイに修正しておきました。

あとはグリスアップして組み立てればOKです。

最終チェックとコンディション

残念ながら2枚目の玉のクモリは残ってしまいました。

ちょっとだけデジタル試写

デジカメで軽く試写しました。結果を見て驚きました。
これ絞り開放で撮りましたが、とてもシャープでよく写りますよこのレンズ。
望遠なのに周辺光量落ちがあるのが良いですね。気に入ったww

クリックで拡大

コンディション認定

実物を見てもそんなにひどくは無く周辺部だけですから、あまり影響はないようですね。

2枚目の玉の周辺部のクモリが取れなかった

どうしても取れないクモリがあるので「難あり品」ではありますが、試写結果からはあまり問題なさそうな気がします。

あとがき

ぐりやん
ぐりやん

最後まで読んでいただき感謝です。
なかなかボロいレンズでしたが残念ながらクモリが残りました。しかし拙者的には実用品と言えますね〜w。近いうちにUNIREXにフィルム入れて試写してみますね。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
広島ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました