当ページではアフィリエイト広告を利用しています

Super Takumar 28mmF3.5 | ジャンクレンズ大量セット購入顛末記 27本分の8本目

この記事は約4分で読めます。

Asahi Opt. Super-Takumar 1:3.5/28

ペンタックス スーパータクマーの28mmF3.5です
こちら見ての通り外観はボロボロです。
Img_6228
今回入手したの27本の中では一番傷だらけのボロボロなレンズです。

状態確認

外観もボロボロならば、マウントも傷んでいます。

Img_6229
後玉は意外とまともな気がしますがどうでしょうか。
A-M切り替えレバーがありません。部品採りされてしまったようです。
前玉は小キズが多数あり大きな傷もあります。フィルター枠の変形とネジ山の損傷もあります。

Img_6227
また前枠が外れてブラブラです。(上の方に大きな隙間があるのが分かる)
どうしてこんなことになるのか、想像できませんねぇ。
ヘリコイドグリスが切れていてヘリコイドもダメダメなので、どうしても分解しなくては整備ができません。

では取りかかろう。

分解開始

まずは、ぶらぶらになっているレンズ銘板をどうにかしないと始まりません。

まずは、レンズ銘板をなんとかする

タクマーは前から分解!が基本ですので前から外してっ

と?

外れません。

どうやってもレンズ銘板が外れません。
途中までは回りますが、フィルター枠の損傷があるためなのか、どうしても回りません。
で、こんな裏技で回しました。
Img_6230
要はゴムが滑って回せないので、滑らないように3M社の強力な両面テープで吸盤オープナーにくっつけてまわしました。

お買い物リンク
金属一般材料用 幅19mm 長さ1.5m

実はこれ良くやる裏技なんですよね。最終手段で銘板に穴開けてカニ目レンチで回す人も多いみたいなんですが、これ試してみてほしいですね。結構なトルクをかける事ができますよ。
Img_6231
こんな感じでw
Img_6232

お買い物リンク
レンズを傷つけずに分解できる。拙者愛用のタイプです。オススメ

苦労の末、前枠から分解開始

そしてやっとの事で、前枠がはずれました。
Img_6233
前枠を止めている3本のネジのうち2本がはずれていました。外れたネジは鏡筒内に転がっていました。

Img_6234
前玉はギタギタの傷だらけです。サンドペーパーで擦ったかのような酷さです。
Img_6236
内部は思ったより綺麗です。

ヘリコイド付近

しかしヘリコイド付近はとっても汚い。
Img_6237
こりゃ、オイルスプレーでヤラカシてますかねぇ?
Img_6238
一応マウント部まで分解して清掃とAM切り替えレバーの取り付け部を確認します。
やはり人為的に取り外されたようです。部品どりでしょうな。
AM切り替えレバーは他のジャンクから移植しますかねぇ。

最終チェックとコンディション認定

A-M切り替えレバーがありませんから、内部でAに切り替えておきました。
Mに切り替える為にはマウント部を分解する必要があります。
ヘリコイドや絞りリングはスムーズに動きますが、前玉の傷が酷すぎてソフトフォーカスレンズとしてしか使い道はないでしょうね。

これで完成としますが、コンディションは「前玉キズ多し、AM切り替えレバーなしのジャンク品」ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました