【試写さんぽ】自作ピンホールとカラーネガで音戸を撮ってみた

この記事は約2分で読めます。

SRT101の試写終わりました。
レストアの結果、各機能問題なし。露出計も問題なし。です。
で数枚をピンホールで撮影してみました。
と申しましてもエーカゲンな作りの手抜きピンホールですがw
焦点距離はフランジ面にピンホールを貼り付けていますから約43ミリでピンホールの径は0.3ミリですからF値は43/0.3=約143って事になります。

すべてゴミからできてます。あ、テープ以外w

minolta SRT101

このカメラはミノルタ最初のTTL開放測光を搭載した一眼レフカメラで、世界初の分割測光を採用したカメラとして有名です。
発売は1966年ですからかなり古いですが、古さを感じさせないデザインと思うのは拙者だけでは無いと思います。
露出計のために電池は必要ですが、シャッターは機械式ですから電池がなくても露出計が動かないだけで普通に使えます。
購入時はシャッターやミラーの動きが安定しないジャンクでしたがなんとか復活したのです。

自作ピンホールでの作例

音戸大橋

超アンダーでした。しかも現像ムラのおまけ付き。

こちらもアンダーです。こちらも現像ムラあり。

あとがき

ぐりやん
ぐりやん

最後まで読んでいただき感謝です。
色がオカシイのは期限切れフィルム+疲労した現像液(ナニワカラーキット)のせいでしょう。
しかしムラは腕のせい。
アンダーなのはピンホールの径が0.3mmより小さいのかもしれません。
まだまだ精進が必要ですなw

撮影データ

minolta SRT101 (w pinhole
KonicaMinoltaJX100
ナニワカラーキットN
Nikon COOLSCAN Ⅴ ED

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
広島ブログ

コメント

  1. Chie より:

    すばらしいです~!!!
    ゴミから作ったカメラも凄いです!
    私もまたカラーのピンフォトをやってみたくなりました。
    カラーの場合、逆光で撮ると、ピンホールらしさが際立ちますよ~。

  2. GRiyan より:

    コメントありがとうございます。
    説明が悪くてすいません。
    ゴミからできたのはレンズていうかピンホール部分だけで
    カメラはゴミではありません。
    と申しましても500円玉でお釣りがくる値段ですがw。
    ピンホール部分はアルミボトルのキャップから
    周りの黒い部分は撮り損ねたポラ600のフィルムを分解したものからできています。

タイトルとURLをコピーしました