【試写散歩】minolta HI-MATIC 初代ハイマチックで撮ってみた

この記事は約2分で読めます。

最近モノクロ再開したわけですが相変わらず試写が進まない。
まだ試写を終えていないカメラが、う〜ん…数え切れない。

てことで、とりあえず最近試写したのはminolta HI-MATIC

入手は約1年前。

そして、約1か月かけてレストアした。

少しは撮ってます。おひまなら、見てよね。

それからずっと眠っていたわけだが何となく持ち出した。
とりあえず結果は

鉄馬、鉄鯨。

いかんしな深海

くれとろ

こんな感じです。
なかなか良いと思いませんか?
HI-MATICはセレンメータ内蔵のEE(いわゆるプログラム露出)専用機。
かなり、レストアに苦労しましたが、全てのコマの露出は正常といって良いでしょう。
画質も拙者好みのものですよ。
マニュアルで撮れればいいのになぁ。

そして、もう一台

Aires35Ⅱ

搭載レンズはCoral 4.5cm F3.2

前玉には少し拭きキズ有り。

絞りは10枚羽根の真円

祖父の形見なのである。

さて作例ですが、裏蓋の遮光(毛糸)を忘れて光線カブリだらけ。
その中から1枚だけ。

街灯

1/250 f4 Y2使用

なかなかキレイなボケである。

ALL NEOPAN SS
ND-76
COOL SCAN V

コメント

タイトルとURLをコピーしました