SANKYO KOHKI TELEMORE FOR PENTA X2 のジャンク

こんばんは。ジャンカメ ハンターのぐりやんです。
前回は何となくPENTAX SVからレストアしちゃいました。しかしながらジャンク品のストックが大量になっちゃいましたので、先ずはジャンクレンズ、単焦点系で年代が古いものから手をつけていく事にしました。
まずは今回入手した物の中で唯一のテレコンからいきます。

はかせ
はかせ

テレコンとはテレコンバーターのことじゃな。
テレコンをレンズとボディの間に装着することによりレンズの焦点距離を伸ばすことができるのじゃ。1.4倍とか2倍のモノが多いが3倍というものも存在するんじゃよ。

三協光機 テレモア X2 FOR PENTA(1960年代)

まずは外観でカッコいいです。刻字は1文字ずつ機械で刻んである様で色は刻印ではありません。色は入っておらず地金のアルミの色が出ています。滑り止めローレットがPENTAXのタクマーレンズに合わせられているようで、取り付けるとまるで純正品のようです。

このテレコンについて調べてみましたが正確な発売年は不明ですがテレモアが発売されたのが1950年代末と言う記事が見つかりました。この三協光機と言う会社は何度か名前が変わっているらしく1969年にコムラーレンズに会社名が変わりその銘が入ったテレモアも見かけることから1960年台の製品だと推測しました。詳しい方がいらっしゃいましたらご教示下さい。
ではいつものように状態から見ていきます。

状態

汚いですw。レンズエレメントはチリやカビ、汚れのオンパレードですね。鏡筒にも何だかガタツキがあります。


貼り合わせ面があるかは不明ですがバルサム切れは無いようです。
自動絞りの伝達機構はカタカタと遊んでいますが、こういう仕様のようで異常はなさそうです。

分解

簡単な機構な様なので早速分解していきます。

鏡筒にネジが3本あり緩めると一本は貫通しており内部鏡筒にもネジが切ってありました。他の2本は止めてあるだけです。これで2つに分離しましたがレンズエレメントの取り出し方が不明です。
後部にある2本のネジを緩めて後玉の周りの部分を吸盤オープナーで回してみます。
いけました。レンズユニットがごっそり抜けてきました。ここでピントを調整する様になっていました。ですのでここを外すとピントが狂います。皆さんは外さない様にしましょう。

レンズエレメントを抜きたいのですが、前側にしかカニ目が見当たりません。カニ目を回して抜くとレンズがごっそり抜けてきました。
実はこのカニ目は鏡筒を分解しなくても回せます。ってことで実は鏡筒は全く触らずにレンズだけを抜くことができたんですね。

レンズだけをクリーニングしたいのであれば、前から見えるレンズを押さえているカニ目を外すだけでレンズエレメントを抜くことができるのでご参考に。それで外し難いのであれば外部鏡筒だけを外せば十分整備可能でピントが狂うこともありません。
レンズエレメントは4群5枚と贅沢なものでした。貼り合わせ面がありますので購入する方はバル切れに注意しましょう。

クリーニング

一番左の分厚いのが貼り合わせレンズ

中玉2枚は綺麗でしたので触るのをやめました。前玉と後玉はなぜか内側にもカビがありましたので水道水で洗浄しました。

クリーニング後 2枚目と3枚目は若干黄変がある様だ

コーティングに若干のカビ跡は残りましたが、とても綺麗になりましたよ。

デジカメで最終チェック

PENTAX S2 + TELEMORE X2 + TAKUMAR300mmF4 ピントもOK

早速α7Ⅱ + TELEMORE X2 + TAKUMAR 300mmF4で試し撮りです。
2倍テレコンを使うとF値も2倍、つまり2段暗くなりますので600mmF8になります。
カメラの手ぶれ補正焦点距離600mmにセットして絞り開放で試写しました。

TELEMORE X2 + TAKUMAR300mmF4 絞り開放 クリックで拡大
TAKUMAR300mmF4 絞り開放 クリックで拡大

若干色収差が目立つ気もしますが、元々のレンズの色収差な気もします。拙者的には、まあ使える画質な気がしますね。

次にSMCタクマー50mmF1.4につけて近距離を撮影してみます。
X2で100mmF2.8になりますね。

TELEMORE X2 + SMC TAKUMAR50mmF1.4 絞り開放 クリックで拡大

遠景は球面収差でしょうか?四隅の画質が著しく低下しています。

TELEMORE X2 + SMC TAKUMAR50mmF1.4 絞りF8 クリックで拡大

F16(絞り環ではF8)でも完全には解消しませんでしたがまあまあですかね。

次に近距離を試してみます。テレコンで面白いのは最短撮影距離は変わらないところなんですよね。なので撮影倍率は元レンズの倍になるわけです。100mmで45cmまで寄れますから、結構大きく撮れます。

TELEMORE X2 + SMC TAKUMAR50mmF1.4 絞り開放 クリックで拡大

こう言う使い方なら粗が目立ちませんね。
うん。いいですね。使い方に寄りますが、うまく使えばレトロ感のある写真が撮れますね。
ちなみにテレコン付けずに50mmままで45cmまで寄るとこんな感じ

SMC TAKUMAR50mmF1.4 絞り開放 クリックで拡大

コンディション認定

汚いジャンク品でしたが、使用感はあるが普通に使える「並品」に認定です。

あとがき

テレコンが一つあると面白いですよ。人気がなく安いので買ってみたら面白いです。ケンコーテレプラスが流通量も多くヘリコイド付きのマクロテレプラスって物もあって興味深いですよ。もちろんカメラメーカー純正品も存在してまして、キヤノンなんかだと白いレンズ用の白いテレコンもありますよ。

次回はペトリのレンズをレストアしていきたいと思います。乞うご期待w

 

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
広島ブログ

この記事を書いた人
GRiyan

ぐりやんです。自称ジャンカメハンター。フィルムカメラに傾倒しています。ジャンクカメラを買い集めて、レストアするのに夢中です。ブログ歴17年。その他、タイヤが付いてる乗り物が好きです。特に2輪のものが好きです。雪山とか海で遊ぶのも好きです。そしてウクレレも好きです。

GRiyanをフォローする
レンズ修理レンズ集遊
GRiyanをフォローする
Paraíso de desejos mundanos.

コメント

タイトルとURLをコピーしました