OLYMPUS PEN-D ジャンク のレストア と着脱式裏蓋

この記事は約2分で読めます。

まずはPEN-Dの話。

実はかなり前に手に入れていたジャンクなOLYMPUS PEN-Dの修理が終わり、後はモルトの張り替えを残すのみだったりする。
PEN-Dの修理記録は以下

OLYMPUS PEN D のジャンクがやって来た

PEN DはPENのボディに大口径レンズをブッ込んだ迷機です。このジャンクが結構な曲者だった。
巻き上げスリップ状態で、露出計OKっぽいジャンク品3500円。
大したことは無いだろうと思いGET。しかし.....

軍艦部変形(落下による?)

スプロケット軸曲がり(落下によると思う?)

シャッターチャージバネ折損

シャッター羽根外れ

そして変形もあった

など、数々の問題を抱えた完全ジャンク。

そして、特に苦労した部分は
シャッターチャージレバー付近

つまり、この辺ね。
緑○がシャッターチャージバネの破損部分。
バネを曲げ直したが巻き上げが重すぎたのでバネを少し伸ばした。
赤○が曲がっていたスプロケットの軸
一回巻き上げる度にシャッターチャージが出来たり出来なかったり。
原因究明に難航したが、コレが原因であった。
バラして抜き出して、アルミ製なので折損に注意しながら修正。
青○は鉄なので安心して修正中にポキッと折れてしまった部分。
ワッシャを加工した部品をハンダ付けして事なきを得た。
残るはモルトの張り替えですな。
でも、やっぱりめんどくさいなあ。

脱着式裏蓋って?

モルトの貼り替えはめんどくさいなぁ。と、思いながらいろんな着脱式の裏蓋を並べてみた。

ウチにあるカメラの中で着脱式裏蓋を持つモデルは6台。並べてみた意味は全くない。
コレを見てカメラがわかればかなりのマニアであろう。
では、解答を。
左から

  • PEN-D
  • PEN EE-S
  • PEN EE
  • SIGNET
  • Zorki-1C
  • Zorki-4

なのであります。
PEN3台のモルトは全てダメで張り替えはまだである。
理由はメンドクサイから。
ま、PEN EEは部品取り用としてやってきた、軍艦部ベコベコのジャンクで
EE-Sにセレンを取られレンズはお遊びでZorkiに装着中です。(無改造なのでいつでも元に戻せます)
そして軍艦部は板金の実験台。
修復前の写真がないので掲載はしないが、結構うまく修復できてしまった。
でもセレンがダメなので使えない。もったいないなぁ。

あとがき

ぐりやん
ぐりやん

最後まで読んでいただき感謝です。
この年代のカメラは必ずと言っていいほど遮光モルトが使ってあり、ほとんどのもので劣化しているんですよね。これの交換が一番面倒なのは拙者だけでは無いと思います。皆さんはいかがですか?

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
広島ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました