当ページではアフィリエイト広告を利用しています

【試写散歩】ボロボロだったNEW(SEMI)OLYMPIC に FOMAPAN 100 Classic 詰めて撮ってみたよ

この記事は約3分で読めます。

おはこんばんちは。ジャンカメハンターのぐりやんです。今回は前にレストアした素性がわからないボロボロのベークライト製カメラ「NEW(SEMI)OLYMPIC」で試写してみた話です。このカメラは、現在のリコーの前身である旭工学工業製のカメラで発売は1938年ごろだったようですか、この個体はその特徴から1939年以降に製造されたモノのようです。

Img_5657

(レストア後:ナンバーははめ込み合成w)
フォーマットは4.5 x 6cmのセミ判ですから撮影枚数は16枚。レンズはUKAS Anastigmat75mmF4.5で構成はトリプレットですね。
シャッターはエバーセット式、ホルガと同じような単純なシャッターです。

で、今回試写に使ったフィルムはFOMAPAN 100 Classicです。

ジャンクで入手したNEW OLYMPIC で試し撮りしてみたよ

光線漏れやら心配しながら試し撮り。
今回一番気に入ったやつ。(クリックで拡大)
Dsc03754
ピントは目測で手前の葉に狙いを定めました。
単なる葉っぱですが、立定感が出ていて葉の光沢が滲みのせいか金属の様な質感にも感じます。

失敗作も乱発

次は失敗作(^_^;)
Dsc03750
レンズの繰り出しを忘れたためこんなことに(大汗)
Rollei35のようにシャッターがロックされればなぁ〜

そして、もう一枚の失敗作。
Dsc03762
赤窓二つ対策送りをしなかったため、最後のコマがこんなことに orz
現像リールのクリップで挟んだところが黒く残りました。
2つ窓のセミ版はフィルム送りに工夫が必要ですね。

第3の失敗作
Dsc03756
多重露光です。
二重写し防止機構や連動は何もありませんから、こんな失敗も。

この3枚玉、写るぞ!

残りの写真は思ったよりもキレイに写っていました。
Dsc03755
セミ判(645)ですから縦位置が多いです。
Dsc03757
手前の草に目測でピントを合わせました。
後ボケは流れるような、滲むような、味のある感じ。

薄暗いので、絞り解放
Dsc03761
まあまあですかね。周辺は流れていますね。
シャッタースピードはほとんど変化していないようなので、1/100と仮定して露出を決定しています。
Dsc03759
F16ぐらいだと周辺落ちが目立ちます。シャッター速度は最高1/100ですから絞り込まないと写せません。NDフィルターという手もありますが、コスパが…
空には筋状の雲と月が写ってます。
そこそこシャープで解像度も思ったより高そうですね。
645ですからね〜

送電鉄塔
Dsc03758
こちらは周辺落ちがあまり感じられません。少し絞りを開ければ周辺落ちがなくなるってことはレンズの性能ではなく絞りの位置が悪い?

やはり絞ると周辺落ちが出るようです。
Dsc03760

Dsc03752
ノンコートですから、フレアも出ますね。
しかし思ったほどひどくは無いようです。3枚玉のせいかな。
Dsc03751

あとがき

とても酷い出来を想像していたにも関わらず、意外と普通に写るため拍子抜けしてしまいました。

たまには街角スナップを撮りたいですね。
早くコロナが収束しないかなー。 

撮影データ

Asahi Kougaku Kougyou NEW(SEMI)OLYMPIC
UKAS Anastigmat 1:4.5 F=75mm
FOMAPAN classic 100 / 120
D76処方25℃:5min.
sony a7m2 digitaize

294550

コメント

タイトルとURLをコピーしました