当ページではアフィリエイト広告を利用しています

ちょっと?いやかなり変わり種一眼レフ CANON EX AUTO ジャンクカメラをちょこっと分解 ちょこっと修理

この記事は約4分で読めます。

ジャンカメハンターのぐりやんです。
本日の獲物は、ジャンクカメラ CANON EX-AUTO です。

CANON EX AUTO

このEXシリーズは廉価で販売されたちょっと簡易型といえる一眼レフです。同時期に販売されていたFTbはF1.8付きで49,800でEX EEは33,000でしたから、かなりリーズナブルといえそうです。
このカメラの前身には1969年に発売されたEX EEというカメラがありまして、その改良型がEX AUTOでございまして1972年に39,000で登場しております。ちょっと値上がりしちゃいましたが、それでもお安いですね。
廉価機と言いながらこのカメラはTTL式の露出計を内蔵したシャッタースピード優先AE機なのです。しかもAE専用機では無くマニュアルでも使えるんですよね。ただしマニュアル露出を選択すると露出計は使えません。絞り値は左肩のダイアルで無段階に設定できるようになっていますが、設定値はファインダー内で確認するようになっているので少し使いにくいと言えそうですね。
キャノン初のシャッター速度AE搭載機といえばCANON EFで、発売されたのは1973年ですが、実はそれより早くTTL式のシャッター優先機を発売していたという事ですね。
で、どこが簡易型なのかというと実はレンズマウントがFDマウントではなく、EXシリーズ独自のマウントで前群だけを交換するという特殊な方式なんですよね。

スクリューマウントの前群を外したところ

つまり絞りから後群にかけては、カメラにくっ付いたままで前群のみを独自のスクリューマウントで交換するようになっているのです。ですから交換レンズもかなりお安くなっていたんですね。そしてシャッター速度は1/500〜1/8しかありません。安いなりにFTbなどのFDマウント機とは差をつけてあるわけです。興味深いですね。

ジャンクの理由と状態

ジャンクで入手したとはいえ、これがメチャクチャ綺麗なんですよね。このカメラは量販店のジャンク棚からGETしたのですが、購入の決め手はレンズが綺麗だった事です。カビとキズは一つも無く極上といえるものです。
シャッターなども問題なさそうでしたし、持ち帰って確認しましたら露出計も問題ありません。ちなみに、このカメラに使うH-D水銀電池はすでに製造中止で入手できませんから電池アダプターを使うのが良いでしょう。

お買い物リンク
この時代のカメラは電圧変換型を使わないと露出が狂います。安い無変換型ではダメ
ひどいカビに覆われてまともに見えない接眼レンズ

問題点は一点のみ、それは接眼レンズの大カビなのです。

分解してみる

接眼レンズをクリーニングする為に分解していきます。
普通に軍艦部についているものを取り外して上カバーを止めているネジを外せばOKです。

外してびっくり金属だと思っていた上カバーはプラッチックでした。高級感のあるメッキですね。
プラ外装はある意味先進的ですね。実験的に廉価版カメラにプラ外装を採用してみたのでしょうかね?

プラスチック製だった上カバー

上カバーを外せば接眼レンズを外せますから外してクリーニングします。

取り外した接眼レンズ キタネーなー

かなり綺麗になりましたが、今度はファインダースクリーンのホコリが気になりましたので、レンズの根元を開けてブローしてみましたがあまり綺麗にはなりませんでした。

固定式のレンズ後群をと外したところ マウントが無いけ普通の一眼レフと変わらない感じ

まあ十分綺麗になりましたから、これでいっかな〜。

最終チェック

外観は少し磨いたらもうかなり綺麗になりました。ファインダーの大カビもひどかった割にはコーティングへの影響もなく非常に綺麗になりました。
AEも問題なく動いていますね。

シャッター速度優先AEの時は自動的に設定された絞り値がファインダー右側に表示される

コンディション認定

このデザイン拙者は好きです

これは本当に良い状態になりました。これは「美品」で良いと思いますね。

あとがき

珍しく美品が出ましたねー。これはすぐにでも試写してみようと思います。

ぐりやん
ぐりやん

最後まで読んでいただき感謝です。
さて次回は1973年に発売された、キヤノン製の一眼レフをレストアしていこうと思います。
乞うご期待w

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
広島ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました