GIZMON Miniature Tilt Lens レビュー | 買ってみた 撮ってみた 

ギズモン知っていますか?色々と面白いレンズを出してくる熊本にある会社ですね。
ギズモショップの清家さんと妖カメハンター五条さんの掛け合いが秀逸なGizmoCastも面白いですよ。
咲坂さんと桃内さんの掛け合いを思い出しましたよ。
いつか清家さんと一杯やりたいものです( ^ω^ )

GIZMON Miniature Tilt Lens 50mm F1.6

では、本題。
これギズモンミニチュアチルトレンズと読むわけですが、チルトレンズって知ってますか?
まずは作例を見ていただきましょうかね。

チルトを試す

土手に咲いていたユリ
小さな白い花 真ん中少し下あたりにフレアが出ています
標識
雑木

4枚写真を並べてみました。なんか違和感を感じませんか?
ユリと白い花はまあ普通でしょう。実はチルトは使わず普通に撮った2枚です。

標識と雑木は?何か変じゃないですか?
標識はなぜか標識だけにピントが合っていますよね。まあ望遠レンズで撮ればこんな感じに撮れるとは思いますが50mmで撮ってます。そしてよく考えれば標識と同距離の道路にピントが合っていないの不思議じゃないですか?

雑木も手前の枯葉にピントが合ってるはずなのに、何故か奥の光る蜘蛛の糸にもピントが合っています。

後の2枚はこのレンズのTilt(チルト、ティルト)機構を使ってピントの合う位置を操作しているのです。

「ミニチュア・ジオラマ撮影に特化したティルトレンズです」

ギズモンさんとこの説明には「ミニチュア・ジオラマ撮影に特化したティルトレンズです」とあります。

ですのでミニチュア風写真は手軽に撮れたりします。

ミニチュア特化レンズで間違った使い方wを試す

ミニチュア特化?では普通のチルト撮影はできないのか?
これ、うちにあるビンテージMTBのチェーンのあたりをF1.6で撮ったものなのですが、

手前のスプロケット(多枚数のギアです)から奥に続くチェーンまで、何故かピントが合っていますよね?普通のレンズだとF1.6開放で撮ってますから、こうはなりません。

4台の二眼レフ

手前に邪魔のものが写っているのは置いといて、4台のカメラが並んでいて結構な近距離です。しかもF1.6開放ですよ。どうですか?不思議じゃないですか?
手前から奥のカメラまでピントが合っているの普通じゃありえないですよね。

逆チルトすると逆に一点にしかピントが合わなくなります。

左はチルトを使ったもの、右はチルトを使わずに撮影

左はギターの指板からボディまで、手前から奥までピントが合っています。
右は3フレット付近、手前の一点にしかピントが合っていませんね。
このように、ミニチュア特化と言いながら実は普通のチルトレンズのような使い方も出来なくはないです。はっきり言って使い難いですが。(だからミニチュア特化としたのでしょう。)
ミニチュア特化だから間違った使い方なのだろうかw

GIZMON Miniature Tilt Lensの外観と特徴

GIZMON Miniature Tilt Lens と ケース

まずはこのお茶の缶のようなケースいいですねー。

レンズ本体

レンズ自体の作りは値段からすればかなり良いと思います。各部の名称は取説とは少し変えていますが、キモはチルトリングとボールマウントて事になります。

こんな感じでカクッと曲がります

チルトリングを回すとボールマウントの固定が緩み自由に動くようになります。
最大チルト角は15度だそうですよ。

拙者が購入したのはSony Eマウントです。NEXの文字が懐かしい。
HPには、ミニチュア・ジオラマに特化とありましたが取説にはちゃんとチルトを使って全体にピントを合わせる方法が解説されています。

レンズは本格的な5群6枚の変形ダブルガウス

レンズ自体は本格的なものでフルサイズ対応です。

出典:https://gizmon.com/

フルサイズ対応ですがチルトに対応させるためイメージサークルはかなり大きいと思います。

絞りは14枚

絞りは14枚の円形と言いたいところですが、

ちょっとイビツ。不良品なのか?

うちの子はちょっと不良っ気があるようですw

終わりに

チルトシフトレンズは実は商業写真では必須のレンズですから各有名メーカーも当然販売しているわけですが、需要が少ないためかとにかくお高い。
てな訳で、このレンズ意外と人気があるらしく品薄が続いているようですね。
拙者は今年のお正月に在庫復活を探知して、入手しておりました。
このような遊べるチルトレンズを適正価格で販売してくれたギズモンに感謝ですな。
清家さんありがとう。

清家さんに愛を込めて 友情出演は未だ紹介していない、セディック製と言われるカメラたちです。

これを見て最強に欲しまった人は下にのリンクから探してみてくださいね。

おっと。ギズモン関連のおすすめリンクも紹介しておきますね。

清家さんと五条さんの掛け合いが面白い。
独創的な商品をチェックしてみてください。
特にエッセイページがにオススメです。
この記事を書いた人
GRiyan

ぐりやんです。自称ジャンカメハンター。フィルムカメラに傾倒しています。ジャンクカメラを買い集めて、レストアするのに夢中です。ブログ歴17年。その他、タイヤが付いてる乗り物が好きです。特に2輪のものが好きです。雪山とか海で遊ぶのも好きです。そしてウクレレも好きです。

GRiyanをフォローする
レンズ集遊作例
GRiyanをフォローする
Paraíso de desejos mundanos.

コメント

タイトルとURLをコピーしました